ホーム > はじめての方へ > スタッフインタビュー

はじめての方へ

スタッフインタビュー

インタビュー:Tさん

経験してわかった「やりたいこと」

Tさん

トラベルジャーナルグループの専門学校(現:ホスピタリティ ツーリズム専門学校)を卒業したTさんは、1年間旅行会社で働いたのちに契約社員としてJR東海に入社。契約満期を迎えるまでの6年間、JR券販売の窓口業務に就いていました。JR券しか扱わない業務に物足りなさを感じ、今度は全く違う業種”医療事務”の勉強をして資格を取得します。しかし、医療事務の勉強してみて改めて感じたのは旅行業の楽しさだったそうです。

「もう一度旅行会社で働きたいけど、ほとんど経験がないし…」
そこで、Tさんはかつて通っていた専門学校の先生に相談。
「まずは派遣で経験をつんでみたら?」
というアドバイスを受け、トラジャルスタッフに登録しました。
「派遣がいい!と思ったのではなくて、やりたい仕事に就こうと思ったら結果的に派遣に辿り着いたんですよね」とTさん。

知識が増えていくのが楽しい

Tさんは、現在の職場に就業してもうすぐ4年。個人ではなく、旅行会社が顧客となる“ホールセール部”で、グループ旅行の見積りから手配までを行っています。
未経験で始めるには大変そうな仕事ですが、『スキルはあとから身につくから、経験よりもまずは人柄を重視』という派遣先のカラーがTさんに合っていたようです。

「みんな優しく教えてくれるから大丈夫」とTさんは今の仕事をとても楽しんでいる様子。
「わからなかったことを知識としてどんどん吸収できるのって嬉しいですよね」と現場で任されるどんな仕事も無理と決め付けずに、チャレンジしている様子も伺えました。

新しい趣味を吟味中です

土日休みの職場を希望していたTさん。希望通り月~金の9:30~18:30まで働き、お休みの土日はゆっくり過ごしています。
1日寝ている日もあれば、少し足を伸ばして1泊旅行に行くことも。また、お休みの日の昼間からのんびり飲むビールがおいしいのだとか。派遣先で仲良くなったお友達と遊ぶことが多いそうです。
今は特定の趣味がないので、なにか習い事を始めようかと検討中。アロマ、書道、テニス、英会話、ゴルフ・・・と興味のあることがとても多い様子。さらに、やさしい彼氏をつくることも今後の目標なのだそうですよ。

素直に学ぶことが大切

仕事をする上で何か大切なことはありますか?と聞いたところ、ちょっと考えてから
「素直に学ぶことですね!」
と答えてくれたTさん。確かに、未経験で入った今の業務を楽しめているのは、何でも素直に取り組んで知識と経験を積んでいった成果といえるでしょう。業種や業務内容を選べる派遣という立場ながら、「コレは嫌」「できない」と決め付けない柔軟な考え方が最終的には本人の選択肢を広げているようでした。

インタビュー:Kさん(旅行会社勤務)

好きな仕事がしたい

Kさん

3年ほど前から、現在の旅行会社に勤務しているKさん。小学校3年生と幼稚園児、2人の女の子のお母さんでもあります。
結婚する前は旅行会社に勤務。子育てがひと段落し、再び別の旅行会社に就職しましたが、業務は書類のチェックのみでした。ブランクを考えてその仕事を選んだものの、やりがいを感じられる旅行業務に携わりたいと改めて思ったそうです。
そんなときにお友達から紹介されたのがトラジャルスタッフ。
 ・旅行の予約・手配業務に就きたい
 ・子供の送り迎えのため、勤務時間は10時~17時
というKさんの希望に合う現在の派遣先が、登録後すぐに見つかりました。
「通勤に40分ほどかかりますが、好きな仕事ができて満足しています。正社員では難しい希望も、派遣だったから叶ったのだと思います。」と、Kさん。

はっきりとした目標を持つ

少し前に2週間ほど入院してしまったときのこと。トラジャルスタッフでは旅行業健保に加入しているため、傷病手当を受給することができました。その際、提出書類などの手続きの対応も早くとても助かったそうです。さらに、退院後には派遣先の会社の方から「Kさんがいない間、大変だったよ」との言葉。入院というハプニングのおかげで、思いがけず派遣先からの嬉しい評価を聞くことができました。
派遣先でも信頼され、旅行に関する手配・予約などの業務のほか、ETAS ※1などビザ関係の業務まで精力的にこなすKさん。始めから旅行会社勤務を希望していたため、事前にAXESS ※2 の講習を受講していました。この事前準備が、実際に働き出してからも役立っているそうです。現在は、旅行に関する知識を増やし仕事に生かすため、旅行業務取扱管理者の資格取得を目指しています。また、今は他の人にお願いしている英語を使った仕事も自分でできるようにと、英会話の勉強も今後の課題に挙げていました。
トラジャルスタッフでは、Kさんが取得を目指す旅行業務取扱管理者をはじめ、英語検定準1級、英語でのコミュニケーション能力を評価するTOEIC730点以上を取得したスタッフに1万円のお祝い金を用意。登録スタッフの資格取得を応援しています。
このような制度を活用しながら身近な目標を達成していくことが、日頃の業務にも役立つようです。

子育てとの両立

平日の朝はお子さんを送ってから、9時過ぎの電車でゆったりと通勤。遅くても18時には退社し、お子さんを迎えに行くという生活。お休みの日は、お子さんの習い事や買い物をして過ごすことが多いそうです。お母さんは休みなし?と思いきや、「夏はキャンプ、冬はスノーボードに、土日を使って家族で出かけるんですよ。」とKさん。お休みを家族で有効に使っているようです。
最後に、これから派遣会社に登録しようと思っている人には「自分の優先したいことを明確にしておくこと。」とアドバイスいただきました。
時には正社員と比べて不満が出てきてしまうこともあるそうです。そんなときでも、「子育てをしながら好きな仕事がしたい」という自分をしっかり持っているから頑張れるようです。Kさんは、「自分自身が働いている親を見て育ったので、自分も子供に働いている姿を見せてあげたいんです。好きな仕事だから両立できているんですよ。」と穏やかに答えてくれました。