梅原総合会計事務所に相談したら簡単に経営管理ビザを手に入れることができた!

こんなパターンに当てはまりませんか?


日本で起業をする


日本にある会社の経営・管理をする


M&Aなどで取得した会社の経営・管理をする

※滞在許可のビザがある場合も会社を起業する際は経営管理ビザに切り替える必要があります。

当てはまる方は
「経営管理ビザ」
が必須です。

<経営管理ビザに申請を取得する要件>

  • 事業所を確保していること
  • 資本金(出資金)の額が500万円以上であること or 日本で常勤の従業員を2名以上雇用する
  • 事業の安定性・継続性を証明できる計画書
  • 事業の経営又は管理について3年以上の経験(大学院において経営又は管理に係る科目を専攻した期間を含む。)を有することを証する文書

少なくともこれだけ条件を満たしていなければビザを取得することはできません。

会社の経営をするだけでも手一杯なのに・・・

こんなに書類の準備していられますか?

経営管理ビザは、ビザ取得業務の中でもかなり難しい申請になり、行政書士でも受け付けてくれないことも多いです。

経営管理ビザを取得するためには、

  • 会社の設立
  • 事務所
  • 従業員に確保

などなど、お金がかかることが多いのでビザの申請で失敗してしまうと全てが台無しになります。

実はビザの申請よりも更新の方が難しい?

もし経営管理ビザに通過できたとしましょう。

ただ、経営管理ビザは申請よりもさらに、更新の方が難しくなります。

ビザの更新では、

  • 税務資料
  • 会計資料

が非常に重要となっています。

行政書士の業務と同じくらい会計業務が重要となっており、ここを逃してしまうだけでせっかくの会社が台無しになってしまうなんてことも・・・

経営管理ビザを申請するなら初めから会計業務もできる事務所に任せることが1番

経営管理ビザを申請するなら初めから会計業務もできる事務所に任せるのが1番です。

梅原総合会計事務所は行政書士以外にも税理士が所属する事務所です。

  • 新規申請許可成功率100%
  • 更新申請許可成功率100%

とビザ取得・更新から会社の会計・税務処理まで任せることができます。

まずは無料相談を利用してみましょう。

事務所名:梅原総合会計事務所

電話番号:03-5961-9381

メールアドレス:contact@utao-group.jp

営業時間:営業時間:平日10:00〜19:00
休日:土・日・祝日
※お急ぎの場合はご対応をさせていただきます。